地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、那須塩原市地域ポータル「きらきらホットなすしおばら」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

那須塩原市地域ポータル「きらきらホットなすしおばら」

塩原もの語り館資料展示室で与謝野晶子に浸る

fd65eaef-s
晶子展示0412(3)

栃木県全体で取り組む観光キャンペーン「本物の出会い栃木プレデスティネーションキャンペーン」の期間に合わせ、塩原もの語り館の資料展示室が特別無料開放となっています。(通常は大人300円など)
期間は、平成29年4月1日(土)から6月30日(金)までの3か月間で、塩原温泉の歴史や、訪れた多くの文人たちの足跡などの紹介、温泉文化を感じられる道具などの展示をご覧いただくことができます。

塩原もの語り館では、2017年度の企画展・前編「与謝野晶子と塩原~昭和九年、初夏の旅より~」を実施しています。
展示のみどころは・・・
晶子展示0412 (2)

晶子が詠んだ59首の連作「鹽原遊草(しおばらゆうそう)」が、どどーんと壁面に掲示されています。

晶子展示0412 (1)

また、スタッフの手書きによる展示として、①晶子の生涯を紐解く、②発言・証言でみる晶子、③晶子・寛と塩原温泉の三枚の掲示ボードが設置されています。

さらにこれからの取り組みとして、入場者参加型企画『あなたと選ぶ晶子の歌』が開催されます。59首の中からお気に入りの歌・お好きな歌を選んで投函(投票)する試み。当時の情景を思い浮かべながら楽しく鑑賞していただきたいですね。

塩原もの語り館は、塩原温泉バスターミナルから徒歩2分ほど。
(住所:那須塩原市塩原747、電話:0287-32-4000)

詳細はこちら: http://blog.livedoor.jp/shioryo1/archives/52005946.html