地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、那須塩原市地域ポータル「きらきらホットなすしおばら」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

那須塩原市地域ポータル「きらきらホットなすしおばら」

きらきらチャレン人

【にへいふぁ~む】 代表: 仁平 仁さん

~人と人を繋ぐ農場~

2016/05/26


今回ご紹介する『チャレン人』は、

自分も楽しみながら、周りのみんなも幸せにしていく、「にへいふぁ~む」の代表 仁平 仁(にへい ひとし)さん。


「にへいふぁ~む」ってどんな農場?

人が食べられるものだけを肥料に使い、無化学肥料無農薬で野菜を育てています。

また、多くの方の希望に応えられるようにと、一つの種類を大量生産するのではなく、少量多品種の野菜を栽培しています。

採れた野菜は地元のレストランや野菜直売所などに直接おろし、地元からの信頼が厚い農家さんです。

直売所には「にへいふぁ~む」の野菜が目当てで買いに来るお客さんもいるほどです。
沢山の種類があって嬉しい!
沢山の種類があって嬉しい!
イベントなどでも販売しています!
イベントなどでも販売しています!

なぜ農業をしようと思ったの?

両親が稲作を行っている農家に育った仁さんですが、もともとは一切農業を継ぐ気はなく、高校卒業後は英語を勉強するため、東京の学校に進学したそうです。

しかし、都会で生活しているうちに、土が踏めない暮らしに不自然さを感じはじめ、自然がある暮らしの大切さに気付いたとのこと。

そうして那須塩原の環境や農業の魅力に気付き、20歳から稲作を手伝いはじめ、7~8年前から仁さんが新たに野菜作りをスタートしました!

新生「にへいふぁ~む」が誕生しました!
青汁に使われる「ケール」。<br>マズイと思いきや・・・美味しかったー!!!
青汁に使われる「ケール」。
マズイと思いきや・・・美味しかったー!!!
そんな仁さんは、

「同じ〝働く〟なら楽しく働きたい!」

「野菜を作るなら美味しくなくちゃ面白くない!」

と、何事にも前向きに挑戦し、「日本・那須塩原の農業を盛り上げていきたい」と、現在、奮闘中です!


一番嬉しい瞬間は『自分が作った野菜を食
べてくれた人が喜んでくれた時』そして『「また買いたい!」と言ってくれた時』だそうです♪

自然や農業の魅力を伝える伝道師

「自然や農業に触れ合うことで、土を踏む大切さを知って欲しい。そして、少しでも農業に興味を持つきっかけになれば・・・」という仁さんの想いを実現すべく、「にへいふぁ~む」のスタイルはちょっとユニークです。

農場で直接、植えられている野菜を自分で選んで購入することもができる上に、「大根を抜いてみたい」という希望があれば、抜かせてもらうこともできます。

さらには、大手住宅メーカーの「農業体験イベント」の受け入れも行っており、田んぼの一角を貸し出し、春には〝田植え体験〟をして、その稲を大切に育み、秋には〝稲刈り体験〟を行っています。

参加者の多くは都心部から来た方ということで、「那須塩原の魅力について」や「お米作りについて」などを仁さんが講師としてお話しをし、昼食には「にへいふぁ~む」で採れた新鮮な有機野菜を使って、仁さんのお母さんが作った手料理を振る舞うそうです。

野菜を生産して出荷するだけに留まらない「にへいふぁ~む」は、まさに〝体験型農場〟と言えるのではないでしょうか☆
美味しい野菜の選び方も教えてもらえますよー!!
美味しい野菜の選び方も教えてもらえますよー!!
住宅メーカーの農業体験の一コマ。<br>中には大阪から来たという人も。
住宅メーカーの農業体験の一コマ。
中には大阪から来たという人も。

人と人とを繋げる農場

不思議なことに「にへいふぁ~む」は、農家でありながら沢山の人が集まる場所になっています。誰も来ない日は、ほぼ無いのだとか。

オープンな家族

明るく楽しいご両親。癒されます☆
明るく楽しいご両親。癒されます☆
その理由の一つには、まず、家族のオープン
さにあるようです。

ご両親の代から、いつも人が集まる家だっ
たという仁平家。

いつでも誰でも快く迎えてくれます!

仁さんの学生時代には、部活終わりに皆で仁平家へ移動するのが習慣になっていたそうです。

お母さんは、食べ盛りの男の子達のお腹を満たすのに大忙しだったとか。

沢山の動物たち

また、「にへいふぁ~む」は鶏、烏骨鶏(うこっけい)、犬、猫、ヤギなど、沢山の動物の声でいつも賑やか♪

この動物たちも、人々を寄せ付ける理由の一つとなっているようです。

ヤギや鳥には大きく育ち過ぎた野菜を与え、一切無駄を出さない循環システムを創り出し、さらに、新鮮な有機野菜を食べている鳥たちが生む卵は栄養分も抜群です!

そして、やはり動物たちも仁平ファミリーと同じようにフレンドリーです☆
土手の草も食べてくれるヤギちゃんたち。
土手の草も食べてくれるヤギちゃんたち。
お父さんが昔乗っていた車にちなんでケンとメリという名の猫ちゃんたち。
お父さんが昔乗っていた車にちなんでケンとメリという名の猫ちゃんたち。
テーマパークで触れ合い用のヒヨコが大きくなり、殺処分になるところを引き取ったという鶏たち<br>
テーマパークで触れ合い用のヒヨコが大きくなり、殺処分になるところを引き取ったという鶏たち
栄養価抜群の卵を産む烏骨鶏たち。なんと一玉300円!!
栄養価抜群の卵を産む烏骨鶏たち。なんと一玉300円!!
「遊ぼう~♪」と人懐っこいワンちゃん
「遊ぼう~♪」と人懐っこいワンちゃん
かわいい顔がたまりません☆
かわいい顔がたまりません☆
中には、動物たちとの触れ合いだけが目的で来る人もいるそうです。
しかし、仁さんは「それでいいんです」と言います。

それだけでは収益に繋がらないのになぜ…

『〝子供に動物と触れ合わせてあげたい〟〝野菜がどのように育てられているのか見せたい〟

それがきっかけとなり、人がたくさん来てくれることで、そこから人と人が繋っていける。「にへいふぁ~む」は、そんな場所でありたいと思って。』

と、仁さんはその想いを語って下さいました。




むすびに

ひとしスマイルがあなたをお待ちしています!!
ひとしスマイルがあなたをお待ちしています!!
農業を生活の糧にしていくことはもちろんですが、それを〝目的〟ではなく〝手段〟として、「人と人とが繋がれる場」を提供したいという想いの農家さんは、そう多くはないでしょう。

那須塩原にそんな農場があることを誇りに思います☆

この先、間違いなく人々にとって重要な場所となっていくであろう「にへいふぁ~む」の今後益々のご活躍を楽しみにしています!! 


※2016年5月28日放送のRADIO BERRY『チャレンジing那須塩原』でご紹介しました。

RADIO BERRY『チャレンジing那須塩原』ホームページ
http://www.berry.co.jp/nasushiobara/
(PODCASTで聞き逃した放送を聴くことが出来ます。)

「にへいふぁ~む」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/NiheiFarm/?fref=ts
(「にへいふぁ~む」へ行きたいという方は、コチラからご連絡ください。)



「にへいふぁ~む」出店情報!!

『恋する なすしおばらマルシェ』
に出店します!

【日  時】6月5日(日)10時~16時

【会  場】那須塩原駅西口広場

【Facebook】
https://www.facebook.com/
koisurumarche/


ぜひ、お出掛け下さい♪
チャレンジing那須塩原~一歩踏み出す人を応援するまち

「立ち向かうユウキ」「乗り越える強いココロ」「きり拓くチカラ」
僕らは、先人からフロンティア-DNAを受け継いでいる。
だからこそ、新しい世界に挑み、チャレンジする人を応援できるのである。
<おすすめサイト>
那須塩原市公式PRサイト『チャレンジing ライフ』
那須塩原ならではの、暮らしの魅力やライフスタイルを紹介しています。
那須塩原の魅力をたっぷり紹介したガイドブックも、無料でダウンロードできますよ☆
http://nasushiobara-life.com/

PICK UP 那須塩原のお店 ~暮らし・相談~